NURO光を使い始めての体験ブログ 他の光回線との比較など » 契約について » 

NURO 光 マンションタイプと一戸建て それぞれの開通条件

読了までの目安時間:約 2分

インターネットを利用する場合、通信速度や環境が非常に重要な意味を持っています。新しい家に住むようになった時、多くの人が意識するのはインターネットの接続環境です。快適なインターネット利用が可能な建物に住みたいというのが、現代社会の一般的な考え方です。
 
近年、NURO 光コースというインターネットの回線サービスが注目を集めるようになっています。高速での通信が可能で、セキュリティの面でも安心できるものとして知られています。便利に利用することができるので、導入しようとする人が多いです。
 
NURO 光コースは、一戸建て向けのコースと、マンションタイプの集合住宅向けのコースとの2種類があります。それぞれの要件・開通条件を正確に把握しておくことが大切です。住もうとしている建物が一戸建てなのか、マンションタイプなのかによって、気をつけなければならない点が異なっているのです。
 
一戸建てのコース、マンションタイプのコースは、それぞれに2種類が用意されています。通信速度について、1Gbpsか2Gbpsかを決める必要があります。どのコースを選択した場合であっても、セキュリティのサービスは標準で装備されています。ただし、コースによって、2年間の契約が前提となっているものと、継続契約期間の定めがないものとがあるので、気をつけて選択する必要があります。
 
マンションタイプのコースは、3階建て以上には施工できないことがあるので、気をつけなければなりません。"

NURO 光はどこで契約するのか?代理店を利用するメリットデメリット

読了までの目安時間:約 2分

さて、実際に利用するとなると勿論契約が必要となります。
どこで契約すれば一番いいのか悩むところです。
 
一番手っ取り早い契約場所は、NUROを提供しているso-netで直接申し込む事。
それ以外にも色々な代理店経由で申し込むという方法も有ります。
 
それぞれにメリット・デメリットというのが有りますが、ここでは代理店を利用する場合のについて説明していきましょう。
 

代理店を利用するメリットデメリット

まずメリットにもデメリットにもなりうるものとしてキャンペーンがあります。
 
これに関しては、時期により色々なキャンペーンをso-netも代理店も出してくるので、一概にどちらがお得かと言うのは言えません。申し込むとき、最新の情報でどこが一番お得か申し込む必要があるでしょう。
 
代理店にはネット上のものと、店頭とがあります。
よく家電量販店で見かける、『インターネット申し込みしませんか?』と声をかけてくる定員さんも代理店の方です。
 
こういった家電量販店の場合は、キャッシュバックではなく、申し込みをしたら購入金額から??円割引をしますという方法をとっている事が多いです。
 
デメリットとしては、窓口と実際のサービスを提供するプロバイダとが別々の会社なので、時により情報の伝達が遅くなったりする事があります。
 
ただ、以前と違い情報の共有化が進んできて、情報の伝達の不備も減って来ていることは確かでしょう。うまく契約場所を見つけることでよりお得に利用できるでしょう。

カテゴリー
最近の投稿